「うつ病」は薬を売るための病名だった!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている

ページ表示回数

194

:バラさん
:1年前
お気に入り追加
1 2016/06/24(金) 00:19:53.20
 
「うつ病」は薬を売るための病名だった!? 実は投薬のほとんどが無意味だと医者は知っている 「薬漬け社会」のタブーを斬る
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160619-00048911-gendaibiz-bus_all
3 2016/06/24(金) 00:20:22.62
「心の風邪」だと騙されて
 「うつ病の人は'99年を境に急増しました。同年に抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)のルボックス(デプロメール)が
認可されたのがきっかけです。

 製薬業界はSSRIを売るために、うつ病啓発キャンペーンを大々的に展開しました。『うつ病は心の風邪』という言葉が流行して、
本来は病気とは言えないような人もうつ病と認定されることになり、薬を処方されるようになったのです」

 こう語るのは名古屋フォレストクリニック院長の河野和彦氏。

 実際、下のグラフを見ればわかるように、'96年には43万人程度だった日本のうつ病患者は、わずか12年のうちに100万人を超えるようになった。

 また同時期に、地方公務員や公立学校職員などの公務員の「メンタル休職率」も急増している。
地方公務員のメンタル休職率は'98年に0・3%程度だったのが、'06年には1%近く、つまり3倍にも増えているのだ。

 うつ病患者の増加は、バブル崩壊後、失われた10年で日本社会にストレスが増えたからなどと語られることもあるが、
とうてい社会環境の変化だけでは説明のつかない増え方だ。
4 2016/06/24(金) 00:20:32.89
 製薬会社の「心の風邪」キャンペーンに見事にひっかかり、ちょっとした心理的不調で「自分はうつ病かもしれない」と思い込む。
そして神経内科に通院する人が増えたというのが本当のところだろう。

 同時期に「新型うつ」という事象も話題になった。メンタル休職しているはずの社員や公務員が、
いったん職場を離れると趣味を楽しんだり旅行に出かけたりするほど元気になるケースだ。

 このような現象が話題になるのも、本来病気でないはずの人が「病人」に仕立てられていることの証左だ。

 製薬会社のキャンペーンはものの見事に功を奏し、抗うつ剤の市場規模は'98年の145億円から'10年の1100億円まで、実に7倍以上も増加している。
5 2016/06/24(金) 00:21:07.36
最悪、歩けなくなることも
 このように病気がないところに病気を作り出すことを「疾患喧伝」という。医療ジャーナリストの田辺功氏が語る。

 「やる気が出ない、だるいからといって安易に精神科や心療内科に行くのはやめたほうがいい。
医者にかかって、『うつ病だからこの薬を飲みなさい』と言われた瞬間に、ただ悩みがあっただけの健康な人が病人にされてしまうのです。

 SSRIは心の安定に関わるセロトニンの再吸収に作用する薬で、脳内の環境を変えてしまいます。
病気でもないのに、そんな薬を飲んでよいわけがありません」

 病気でもないのに病人扱いされ、しかも不要な薬を投与されることで、副作用に苦しむことだってあるのだ。

 高齢化の進んだ現代の日本社会では、抗うつ剤に関する新たな問題も生まれてきている。前出の河野氏が語る。

 「認知症と抗うつ剤の問題です。日本では認知症患者は精神科で見ることが多い。
認知症の患者は表情が暗く無気力で、活力がない人が多い。
こうした症状は認知症の周辺症状の一つにすぎませんが、精神科医のなかには、これをうつ病と誤診して、強い抗うつ剤を処方することがあるのです」

 認知症の患者に抗うつ剤を処方すると歩行困難や寝たきりになるケースが多い。

 「認知症の人は、脳の状態が非常にデリケートです。薬の量が少し多いだけでもダメージが大きくなります。
症状が悪化すると、医者がパニックになり、もっと強い抗うつ剤を出す。すると症状がさらに悪化し、二度と改善しないほど深刻化することになる」(河野氏)

 高齢者の場合、それが認知症なのか、うつ病や統合失調症なのか区別をするのが難しい。

 「幻視や妄想の症状のある人に、リスパダールという抗精神病薬を処方する精神科医が多いですが、これも認知症の可能性がある。
認知症患者にリスパダールを処方するのは極めて危険で、筋肉に異常が起こり、歩けなくなることが非常に多い」(河野氏)

 「医者に言われたから」「有名な薬だから」と安易に薬を飲んでいると取り返しのつかないことになる。
医者と病院にダマされないためには、こちらにも「知識」という武器が必要なのだ。

 「週刊現代」2016年6月18日号より
6 2016/06/24(金) 00:21:19.38
知ってる
11 2016/06/24(金) 00:23:22.67
うつに限らんだろ
医者=薬の売人
13 2016/06/24(金) 00:24:16.68
鬱認定されてからが本番
17 2016/06/24(金) 00:26:13.05
>>13
社内規定で解雇できるね、法的には違法なんだろうけど
261 2016/06/24(金) 06:02:29.07
>>17
医師薬剤師警察官消防士国家公務員は鬱病などの職は精神疾患が欠格条項に入るね
14 2016/06/24(金) 00:24:37.21
神経症が悪化すると体に違和感が出てきて
その違和感が気持ち悪くて鬱と勘違いしているパターンが多そう
自分の場合は睡眠不足だったから
多く寝るようにしたら治ったわ
16 2016/06/24(金) 00:25:59.83
うつ病なんて
治すっていうか、克服するのは
結局、本人次第だからな
医者は効率も考えて商売でやってるにすぎん
19 2016/06/24(金) 00:27:48.16
病は気から
21 2016/06/24(金) 00:28:11.26
偉そうに鬱を語ってる奴らのうち、何人が罹患して回復したんだろうか?
289 2016/06/24(金) 06:44:34.56
>>21
わからん
ただ俺は大切な人を失った
鬱病に殺された
22 2016/06/24(金) 00:28:17.57
薬飲んだだけで治ったら苦労しないだろ
それで治るならみんな飲めば良いじゃん
軽度のヤツは精神科行くのやめて内科行ったほうがいいよ
24 2016/06/24(金) 00:29:23.14
これは薬を大量に飲み続けてる本人達が一番わかってるでしょ
29 2016/06/24(金) 00:33:28.09
>>24
医者が教祖で、患者が信者って感じ。
信者は何かにすがりたい。すがっていれば安心。
25 2016/06/24(金) 00:30:32.89
医者は患者に病気だと思い込ませるのが上手。そして勝手に病気を作り出す。
28 2016/06/24(金) 00:33:18.16
睡眠が一番大事だ
偉人、著名人の短時間睡眠の特殊なエピソードにつられないように
6でもバカになる、8時間は必要らしいぜ
30 2016/06/24(金) 00:33:51.28
セロトニンを人工的に出す意味では薬は有効
あとは自分の生活習慣次第
32 2016/06/24(金) 00:36:43.69
躁鬱症状とかじゃなくてストレスから引き起こされる様々な身体の異常には安定剤とか確実に効果ある
ヒステリー球という咽喉頭異常感症で苦しんでいたけどおれはデパスが効いた
35 2016/06/24(金) 00:40:02.64
>>32
それだな
鬱状態の改善というよりも、身体へのダメージの軽減により精神的負担を減らす的な感じ

副作用キツイからやめとくほうがいい
うちの祖母は精神安定剤与えられておかしくなって、家族が無理やり薬を取り上げたら回復した
33 2016/06/24(金) 00:38:55.03
プラセボもまぁ治療の1つじゃないかな
34 2016/06/24(金) 00:39:31.27
薬を何種類か処方する薬のカクテルって、欧米ではやってないんだと
それをしたら日常に戻ってこれなくなる最悪な方法らしい
でも日本では金が欲しいからやってんだと
36 2016/06/24(金) 00:41:30.61
うつ病は確かにあるだろ
いきなり動悸したりするやつ
40 2016/06/24(金) 00:42:07.96
>>36
パニック障害では
68 2016/06/24(金) 00:54:38.00
>>40
多分それだ
薬ないとさらなる交感神経の刺激を産んで収まらない
最悪死に至る
267 2016/06/24(金) 06:05:59.86
>>68
パニック障害で死ぬことはないから
無茶苦茶言うな
38 2016/06/24(金) 00:42:01.36
ジェイゾロフトとレンドルミンで地獄から性感した俺、名医に感謝
42 2016/06/24(金) 00:43:12.85
薬で治ったやつは知らないもんな〜
何かの、きっかけで吹っ切れて寛解した人はいるが…
48 2016/06/24(金) 00:44:38.16
>>42
薬でずいぶん楽になったよ。激太りしたが。
53 2016/06/24(金) 00:46:26.05
精神医学は元々は占いのようなものだったが、その占い師共が自分たちの立場を格上する為に医学のように振る舞ってきた所で製薬会社が目をつけて効きもしないどころか、依存性の高い薬物で薬漬けにする商売を始めた。
56 2016/06/24(金) 00:47:42.18
ぶっ壊れた脳は再生しない
心の風邪じゃない、壊死だろw
57 2016/06/24(金) 00:48:32.40
>>56
お前も毎日ぶっ壊れてるよw
61 2016/06/24(金) 00:50:25.78
セレトニンを増やす作用が有るのは同じだよね。
62 2016/06/24(金) 00:50:56.30
精神病、病気かどうかすら計測する機器がないから、医者の気分で病名附けてる。血液検査してもレントゲンかけても病気であるデータは出てこない。
67 2016/06/24(金) 00:53:10.49
>>62
分類自体適当だよ。

そもそも、唯一検査らしい脳波とかも
測定機器のアレすら説明つかず、ただの血流による濃淡だけで数値出してるのをそれらしく見せてるだけだからな
64 2016/06/24(金) 00:51:51.30
糖質の幻覚幻聴も

脳内物質過剰分泌論と起きてるのに寝て夢見てる論の二極化が激しく

後者だと金にならないので前者ってことにしてるだけなんだけどね。
65 2016/06/24(金) 00:52:09.10
女の冷え性みたいなもんだ
本当の冷え性女は夏でも首まで隠れる長袖セーター着込んでる
でも大抵の奴は冷え性と言いたいだけ
80 2016/06/24(金) 01:00:25.24
脳内物質のどーたら
こんなん病院で検査しないから
問診して医者が適当に病名付けて薬を飲むと、まず太り始めるから、それを言うとまた漢方かなんかの薬を大量に出されるとか、どんどん薬増えるパターンやろ
89 2016/06/24(金) 01:03:34.23
鬱病手前の適応障害ならなったことあるけど自分の意思ではどうしようもない絶望的なレベルの不安感が24時間心にこびり付いてて動悸や不眠、手の震えに悩まされた
もうこんな辛い状態がずっと続くなら生きていけないってとこまで追い込まれてしまったから心療内科行って診断書出してもらって休職、投薬治療を受ける事になった

病院に行けばとりあえず診断書出してもらえて休職できるし、薬で一時的に症状が改善すれば運動や食事、睡眠をとって少しずつ改善できるようになる
薬だけに頼った治療じゃ良くならないのは確かだけどかといって変な偏見に囚われて受診するのが遅くなると余計に回復が困難になるからそんなに心療内科、精神科を目の敵にしないほうがいいよ
99 2016/06/24(金) 01:10:05.29
一度なってみなきゃ分からないけど本当に自分の意思ではどうにもならないんだよな
俺も元気な時は鬱病なんてなるわけねーだろwとタカをくくってたけどいざなったら本当に何にもできなくなってしまった

休養と生活習慣の改善が鬱病治療には欠かせないけど症状が重い時はとっても生活習慣改善なんてできない
そういう時に投薬して症状を軽くする必要があるんだよなあ
101 2016/06/24(金) 01:10:30.02
抑うつがひどくなるのは確かだよ
でも薬も効かなくなる
一か月やってだめな薬は飲んでてもきかない

いちばん今のところマシな方法とされてるのは

・誰かに話を聞いてもらう→すっきりするその場だけ
・運動→三十分やるとすっきりする半日ほど効果持続する

・瞑想→マインドフルネスと言ってひたすら不安がわいたら
    その不安を感じてる自分の意識を観察する
    今だけに意識を向けることで不安から解放される
・エンプティチェア→イスを2つ用意して自分で1人2役をやる
116 2016/06/24(金) 01:17:43.35
知らない奴が知ったかしたり頭ごなしに否定する奴が現れるのは仕方がない事だね
125 2016/06/24(金) 01:21:51.07
NHKスペシャルで前やってたけど
重度のうつ病になると脳細胞の画像を撮れば(8万ほど自費で)
神経細胞が千切れたり壊死や壊変してるのが画像で見れる

この破壊された神経細胞を薬や運動である程度再生できるという学派
と、再生するのは不可能と主張する学派に分かれて世界で論争されてる
130 2016/06/24(金) 01:25:52.76
>>125
重度になる前なら投薬と休養、生活習慣の改善によって改善できる場合もあるんだけどね
精神的不調をきたしたなら本来は早期にそういった対策を取るべきなんだけど甘え、他の奴はもっと頑張ってるという理由で休む事が出来ずに回復不能になるまで追い込まれる事が多い
182 2016/06/24(金) 02:47:00.24
精神科に10年ほど通ってるけど
向精神薬が効いているのかどうかイマイチ分からん。

いろいろ向精神薬を変えてるけどあまり期待していない。
いまは安定剤のデパスが必要だからそれを貰うためだけに通ってる。
203 2016/06/24(金) 03:40:35.07
治らないけど楽にはなるよ
外出ができるようになったし
テレビも短時間なら見れるようになった
210 2016/06/24(金) 03:59:23.13
>>203
あのテレビが見られないのいったい何なんだろうな
いろんな番組に嫌悪感持つようになって見られなくなったわ
249 2016/06/24(金) 05:45:52.61
>>210
うるさいからテレビも何も点けないで何時間でも体育座りしていたり、うずくまっていたりする
痛いところがある訳じゃない
とにかく音がうるさい

最近は毎週ドラマ一本アニメ一本見てた
207 2016/06/24(金) 03:45:17.37
ごく軽い鬱なら日光浴びてウォーキングして
動物動画をひたすら見るなどしてセロトニンを出せば
軽快する
根本解決にはなって無いが
216 2016/06/24(金) 04:22:40.86
いくらなんでも、精神病を薬で治そうという発想は無理がある
鬱は治らないというし、ある意味、発症したら、精神的な寿命なんだと思う
218 2016/06/24(金) 04:33:09.17
薬飲んだけど実際に効いたぞ
226 2016/06/24(金) 04:44:11.70
苦痛を感じなくさせるお薬なら疲れてるんだから寝て休めばいいのに
市販の解熱消炎鎮痛剤も抗炎症効果はあってっも
痛みを感じなくさせるお薬だから飲むと楽になるけど
カラダのどこかに異常があるから休んで治した方がいい
259 2016/06/24(金) 06:01:11.60
よくよく考えたらなーんも考えないことが一番効く
それがうつのときはでいないわけだが
そういうことだ
facebook twitter hatena line google mixi email
削除依頼
1 名前: 2017-04-20 12:55:22
医者と製薬会社は金儲けしか、頭にない。実際、精神病薬は依存性は恐ろしく強大で一度飲んだら止めれない。止めたら

2 名前: 2017-04-20 12:58:26
精神医薬の性質は麻薬のそれとそっくりで